1993 born
2017 graduate from Tokyo University of Arts Design Dpt.
2019 graduate from Tokyo University of Arts Graduate School of Fine Arts, Master Course
2019- studying at Tokyo University of Arts Graduate School of Film and New Media, Doctorial Course
2019 part-time lecturer at Kyoto City University of Arts


exhibitions

2014 Group exhibition "12"
2014 TOKYO WONDER WALL 2014
2014 duet exhibition "You have to learn the rule of the game"
2014 TUA students' display "frames"
2014 KENZAN 2014
2014 3331 Independent in "3331 Art Festival 2014"
2014 Solo Display "Self-Reference" in Gei-Sai 2014
2014 Shell Art Award 2014
2014 Duet exhibition "passage"
2015 Group Exhibition "Loulouvrevre"
2015 Solo Exhibition "Aggressive, or Troublesome Activity"
2015 Group Exhibition "Loulouvrevre2: Chamber of Secrets"
2015 Solo Exhibition "Pleasure"
2015 Solo Exhibition "Aggressive, or Troublesome Activity"
2015 Group Exhibition "Loulouvrevre2: Chamber of Secrets"
2015 Solo Exhibition "Pleasure"
2016 Duet Exhibition "Prisoners wanna go to the wake"
2017 Solo Display "11/11" in "65th Tokyo University of the Arts Graduation Works Exhibition"
2017 Group Exhibition "Surfin'"
2017 CAF 2017 Art Award
2017 Group Exhibition "The Sun We See Here Shines in Other Place"
2017 Duet Exhibition "Best Housing"
2018 Duet Exhibition "A well-lighted watertank"
2019 Solo Exhibition "Slow Actor"

performances

2016 "About Reduction of Myself" at the event "Spece and Description", of the exhibition "New Rube-Goldberg Machine"(KAYOKOYUKI/Komagome Soko, curated by Riku Iioka)


Awards

2014 Selected for Tokyo Wonder Wall 2014
2014 Selected for Shell Art Award 2014
2016 Ikuo Hirayama Scholarship (Tokyo University of the Arts)
2017 Selected for CAF Art Award 2017, and received Study Abroad Subsidy Award
2017 Selected for 16th "BT" Art Criticism Competition






1993 埼玉県生まれ
2017 東京芸術大学 デザイン科卒業
2019 東京芸術大学大学院 美術研究科修士課程卒業
2019 京都市立芸術大学 非常勤講師
  現在 東京芸術大学大学院 映像研究科博士後期課程在籍

展示歴

2014 グループ展 「12
2014 トーキョーワンダーウォール 2014
2014 二人展「ゲームのルールは知るべきだ」
2014 東京藝術大学学生展示 「frames」
2014 見参 -KENZAN- 2014
2014 3331アンデパンダン (3331千代田芸術祭2014 企画)
2014 『藝祭2014』にて個人有志展示「Self-Reference」
2014 シェル美術賞展 2014
2014 二人展 「passage」
2015 グループ展 「ルールーブルブル」
2015 個展「攻撃的、または迷惑行為」
2015 グループ展 「ルールーブルブル2 秘密の部屋」
2015 個展
「わたしはこれらを展示できてうれしいし、あなたはこれらを見てうれしく、これらは展示されてうれしい」
2016 二人展「囚人は通夜にいきたい」
2017 「11/11」 第65回東京芸術大学卒業・修了作品展覧会にて
2017 「Surfin'」
2017 第4回 CAF賞 最終審査展
2017 グループ展 「太陽光と…」
2017 二人展 「理想の収納」
2018 二人展 「明るい水槽」
2019 個展「スローアクター」

パフォーマンス

2016 "私の除算について" 展示『新しいルーブ・ゴールドバーグ・マシーン』(KAYOKOYUKI/Komagome Soko, キュレーション:飯岡陸)内企画「空間と記述」にて


テクスト

2019-20 ウェブ版美術手帖2019年度連載
2019 「パラ文学的な密室:レオ・スタインバーグ「哲学的な娼窟」論」(パンのパン、きりとりめでる編『パンのパン』vol.4)
2019 「ハイド・アンド・シーク」(宮坂直樹「Three Spaces」展評、日英、kalons)
2018 「十字キー序論:なぜマリオは階段をかけのぼるのか」(ククラス『ビンダー』vol.6)
2018 「マジック・ランタン」展評(ウェブ版美術手帖)
2018 橘上「複雑骨折」書評(詩客 SHIKAKU)
本ウェブサイト掲載のもの除く


レクチャー等

2019.10 レクチャー「グリーンバーグ、クラウス」(「WALLA」企画:吉野俊太郎
2019.10 「無人演劇祭」(北千住「仲町の家」)ゲストトーク(WALLA
2019.8 集中講義「現代美術批評I:時間泥棒」(京都市立芸術大学、非常勤講師として)
2019.6 ゲストレクチャー「後から先に記す〈戯曲について〉」(多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科3年生選択授業 担当:岸井大輔)
2019.5 齋藤恵汰+堀崎剛志「構造と表面」ゲストトーク「情緒と合意」(Art Center Ongoing)
2019.5 飯川雄大「デコレータークラブ」ゲストトーク「0人もしくは1人以上の観客に向けて」(Art Center Ongoing)
2019.5 ゲストレクチャー「(you are only in my fantasy…)あなたの言葉 肩の向こうに見えた景色さえも」(京都市立芸術大学 デザイン学特論「プールリバー」担当:砂山太一)
2017.10 「オブジェクトディスコ」ゲストトーク「前掛けと振り向き」(東京藝術大学「TAPERED GALLERY」)


賞等

2014 トーキョーワンダーウォール2014
2014 シェル美術賞2014
2016 東京芸術大学平山郁夫奨学金授受
2017 第四回CAF賞入選、海外渡航費授受
2019 第16回『美術手帖』芸術評論募集 佳作入選