(flyer design: Maaya Kinoshita)


Performance and Talk Show at "New Rube Goldberg Machine"(KAYOKOYUKI/Komagome)

Exhibition "New Rube Goldberg Machine", curated by Riku Iioka, is held from 10/1(sat.) to 10/23(sun.) at KAYOKOYUKI and Komagome SOKO, Komagome.
On 10/16(sun.), Hiroki Yamamoto + h (Inu-no-senaka-za, novelist) and Euske Oiwa do performances each, and after it we talk about our performances and the theme "Space and Description".


New Rube Goldberg Machine

    “Rube Goldberg Machine” is the name of machines described by an inventor Rube Goldberg after 1910s. This machines make a chain of devices act a daily work. They contain humans or animals, and illustrate delusively the modern society getting mechanized. They act daily works like “to open an umbrella” or “to deliver a letter to a wife” detouringly, by chaining of physiological reflexes or physical phenomenons with contingency.
    Rube Goldberg Machine was described before the invention of computers, and the mechanisms were imaged specifically. However today we live in more invisible and abstract chains what we can’t look over. This exhibition handles some environments surrounding us, digital spaces, financial systems and ecosystems, sometimes with jumps.
(from the website, translated by Euske Oiwa)

Date:
2016/10/1(sat.) - 2016/10/23(sun.)

Time:
12:00 - 19:00 (Sundays closed at 17:00)
*closed at Mondays and Tuesdays

Site:
KAYOKOYUKI
Komagome SOKO
2-14-2, Komagome, Toshima ward, TOKYO

*1 minute's walk from JR Komagome Sta.
*3 minutes' walk from Tokyo Metro Komagome Sta.


Exhibitors:
Eriko Mukai, Kenta Cobayashi, PUGMENT, Haruchi Osaki
Curation:
Riku Iioka

Performance and Talk Show
Performers: Hiroki Yamamoto + h, Euske Oiwa
Date: 2016/10/16(sun.) 15:00-
Entrance fee: 1000yen

More Information:
http://www.kayokoyuki.com/jp/161001.php

please come to see.









『新しいルーブ・ゴールドバーグ・マシーン』(KAYOKOYUKI/駒込)にてパフォーマンス・トークショー

飯岡陸のキュレーションによる『新しいルーブ・ゴールドバーグ・マシーン』が、10/1(土)から10/23(日)まで、駒込のKAYOKOYUKIと駒込倉庫Komagome SOKOにて開催されます。
会期中の10/16(日)に、小説家の山本浩貴+h(いぬのせなか座)と大岩雄典が、「空間と記述」をテーマに、それぞれパフォーマンスと、またその後にパフォーマンスについてトークを行います。

新しいルーブ・ゴールドバーグ・マシン

 ルーブ・ゴールドバーグ・マシーンとは、発明家でもあったルーブ・ゴールドバーグが1910年代以降に描いた、日常行為をからくりの連鎖によって代行させる機械の名称です。その中には人間や動物が埋め込まれ、機械化の進む近代社会を妄想的に図示しています。生態的な反射反応、物理的な現象などが偶然性を伴いながら連鎖していくことで、「傘を開く」「妻に手紙を届けるのを忘れないようにする」などの日常行為を遠回りに代行していきます。
 ルーブ・ゴールドバーグ・マシーンが描かれた当時は、コンピュータが発明される以前ということもあり、連鎖の機構が具体的に想定されています。しかし、現代を生きる私たちは、見渡すことのできないより不可視な・抽象的な連鎖の中で生きています。本展覧会では、そういった私たちを取り囲む幾つかの環境、デジタル空間や金融のシステム、生態系などが、時に飛躍を伴いながら扱われます。
(ウェブサイトより)

会期:
2016/10/1(土) - 2016/10/23(日)

Time:
12:00 - 19:00(日曜は17:00まで)
*月曜・火曜は休み

Site:
KAYOKOYUKI
Komagome SOKO
東京都豊島区駒込2-14-2

*JR駒込駅から徒歩1分
*東京メトロ駒込駅から徒歩3分


展示者
迎英里子、小林健太、PUGMENT、大崎晴地
キュレーション
飯岡陸

パフォーマンス・トークショー
パフォーマー 山本浩貴+h、大岩雄典
日付 2016/10/16(日) 15:00-
入場料 1000円

詳細・その他のイベントについて:
http://www.kayokoyuki.com/jp/161001.php

ぜひお越しください。






2016/09/25