Talk Event "Bug Meets Art" on 1/28

I hold a talk event "Bug Meets Art", welcoming Shinji Matsunaga(Aesthetics, Game study), at the display room of my works in Tokyo Univ. of Arts Graduation Works Exhibition. We think about the connection of game culture and mechanics between arts.

Bug Meets Art

    "Bug" and "flag", the well-known words to everybody nowadays, are specific idea of video games, which have two fundamental side: fiction and mechanics(program). In an essay "Game freaks are playing with bugs", written by an anthropologist Shinichi Nakazawa, he said that the curiosity of freaks to bugs are not reception of fiction, but are confrontation with mechanics. And he metaphorically call bugs "innumerable black holes dusting in a program" or "entrance of black holes linked to an infinity", so I wonder that bugs are phenomena hinting a connection to other worlds.
    In this talk, we also talk "flag", is a specific construction of time to video games, and we consider the reception of other medias, especially the virtuality of art expression and exhibition. "When happens bug, bug happens what?"
(Euske Oiwa)

Date:
2017/1/28(sat.)

Time:
14:00-16:00
admission free, no reservation necessary

Site:
Tokyo University of the Arts, Ueno Campus, General Atlier Building 3F
Display room of Euske Oiwa
12-8, Ueno park, Taito ward, TOKYO

*10 minute's walk from JR Ueno Sta. or Nippori Sta.


Guest:
Shinji Matsunaga (Aesthetics, Game study)
Research associate of Aesthetics Lab. of Tokyo Univ. of the Arts, visiting researcher of Game Research Center of Ritsumeikan Univ. Completed doctoral course at Tokyo Univ. of the Arts Graduate School of Fine Arts. Making a specialty of modern English aesthetics (analysis aesthetics) and game study, including Japanese translation of "Half-Real"(Jesper Juul, New Games Order, 2016) and "Languages of Art"(Nelson Goodman, Keio University Press, 2017 upcoming).

please come to see.









トークイベント「バグる美術」1/28にて

「第65回東京藝術大学卒業・修了作品展」内、大岩雄典作品展示室にて、分析美学およびゲーム研究を専門となさっている松永伸司さんをお迎えして、ゲームの文化および構造と美術との接続を考えるトークイベント『バグる美術』を開催いたします。

バグる美術

 いまや一般に膾炙している「バグ」「フラグ」という語はもともと、フィクション=虚構世界とメカニクス=プログラムという二つの側面をもつ「ビデオゲーム」に特有の概念です。人類学者・中沢新一が小論「ゲームフリークはバグと戯れる」(88年『雪片曲線論』所収)において、当時のフリークたちの「バグ」への好奇を、フィクションの受容ではなくメカニクスとの対峙と捉え、「プログラム中に散布された無数のブラック・ホール」「無限につながるブラック・ホールの入口」と比喩したように、それは「別の世界への接続」さえも思わせる現象なのかもしれません。
 本トークでは「バグ」概念に加え、ビデオゲームに特有の時間構造である「フラグ」概念を展開することで、ゲーム以外のメディアにかんする受容文化、とりわけ美術表現および美術展示の可能性を検討します。「バグるとき、何が起こるのか? 何が起こるとき、バグるのか?」
(文・大岩雄典)

会期:
2017/1/28(土)

時間:
14:00 - 16:00
入場無料・予約不要・先着順

会場:
東京藝術大学 上野キャンパス 総合工房棟 3F
大岩雄典作品展示室
東京都台東区上野公園12-8

*JR上野・日暮里駅から徒歩10分


ゲスト
松永伸司(まつなが・しんじ)
東京藝術大学美術学部美学研究室教育研究助手、立命館大学ゲーム研究センター客員研究員。東京藝術大学美術学部芸術学科卒、東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。専門は現代英語圏美学(分析美学)とゲーム研究。訳書にイェスパー・ユール『ハーフリアル』(ニューゲームズオーダー、2016年)、ネルソン・グッドマン『芸術の言語』(慶應義塾大学出版会、2017年近刊)。

ぜひお越しください。






2016/12/28