Perfect Strangers

2018
installation









    "Perfect Strangers" is an installation including the movie played on a display, a board of Monopoly (A board-game of Hasbro Inc.) fallen from a pedestal, a photography on the wall, a sheet, a comb and a box of EVE quick (A medicine of SSP Co.Ltd.). It is exhibited at "A well-lighted watertank".

    The movie is titled "Perfect Strangers", same as the whole installation.
It is explained in another page.

    The pedestal, which seems to have erected upright ever, is fallen down in the middle of the exhibition room and the board is half-folded on the floor. On the board, as somebody have played, you can find the things lying: the pieces in the shape of a ship or a shoe each, the red house unit, and two dice. Six appears on both dice.

    The following is quoted from the script of the movie.
-----
§5 DICE

BOY:
I go to a store. To get a sticky.

GIRL:
Didn’t you buy before?

BOY:
Umm… I didn’t.
Well, It won’t hurt.
I’ll be back soon.

GIRL:
Later.

GIRL:
He has a favorite sugoroku game.
It takes four players, they are directed toward a destination and earn money. Unlike normal sugoroku, when any player reach the destination the new destination is set.
The game ends when all moves of players a number of times which set before.
The number is decided before the starting of a game, in the sense of when they should stop playing.
This game is different from a normal sugoroku which has the conclusive goal.

GIRL:
Dice are full of holes.
In the illustration I have seen before, a mouse enters into a hole of cheese and appears from another hole suddenly. I remember that.
The question: which hole must be used?
It depends on the throw.

GIRL:
I throw a dice from this dark night, then the number glows dimly.
I step forward aimlessly as if connecting these holes.
But only, the number of moves until the end has been determined.

BOY:
I’m back.

GIRL:
Hi.

BOY:
There wasn’t any good one.

-----

    There is a photography on the wall which is on the direction of the falling down of the pedestal. It is square , each side 600mm, and lit in white light only in this whole installation. At first sight its monochrome composition seems like the photography of twins taken by Diane Arbus the photographer in 70s but then eventually you find it is a photography of a pattern made with colors or ink. There is the fine texture on the black part gleaming like oil colors or urethane. Anyway, this photography is not taken a human body or clothes via lens, but the monochrome colors seem like human from a distance. The image is symmetry as twins, though it is arranged aside little to right from the center of the composition. You can find at the grey colors a little below the center the gleaming wrinkles corresponds perfectly each side, so you’ll find this symmetry image is made by folding. This technique called décalcomanie, used by Max Ernst and Shuzo Takiguchi. You know it is used to generate images for Rorschach Test. The image made in that way is displayed as a photography.

-----
§40 TWINS

BOY:
Well,

GIRL:
What?

BOY:
You’re the only child.

GIRL:
Me?

BOY:
Yes.

GIRL:
Yeah, I think I told you when we first met.

BOY:
Like,
you should have a twin sister.

GIRL:
What, (with a lovely little giggle) why?

BOY:
Umm, I can’t explain.
Say you have a twin sister,

GIRL:
Yes. (like “What?”)

BOY:
When I show a photo of your sister to someone who knows you only,
he thinks it is you.
Because he can’t think it is your sister.

GIRL:
Right. (vaguely agreeing)

BOY:
I know. I feel like that always.
Always when I talk to you.

GIRL:
Uh…
Well, I don’t understand,
(puzzled with a little smile)
You say that the beholder of the photography thinks it is me because he does’t know I have a twin sister.

BOY:
Yes.

    SILENCE.

GIRL:
Do you love me?

BOY:
Yes I love you.

BOY:
She is such a person.
It is enough now.


 「いつまでも見知らぬ二人」は、テレビに映し出された映像、床に倒れた什器とそこから落ちたモノポリー(Hasbro社の販売するボードゲーム)、壁にかけられた写真、布・櫛・イブクイック(エスエス製薬の販売する頭痛薬)からなるインスタレーションだ。二人展「明るい水槽」に展示された。

 映像作品は、インスタレーションと同名の題「いつまでも見知らぬ二人」をもっている。これについては個別のページを用意した

 かつて立っていたかのような什器は部屋の中央に倒れており、モノポリーの盤は床に折れ曲がっている。盤上には、二人で遊んでいたのだろうか、船と靴をかたどった銀色の二つの駒、赤い家のピース、そして二つのサイコロが転がっている。サイコロはいずれも六を出している。
 以下は映像の台本からの抜粋。

-----
§5 サイコロ

:コンビニいってくる
  ポストイット買いに。

:前に買ってこなかったっけ?

:うーん、ない
  まあ、いくつあってもじゅうぶんだし
  いってくるね、すぐ戻ります

:はあい。

:彼が好きなすごろくのゲームがある。
  四人でサイコロを振って、目的地を目指しては、お金を稼ぐもので、ふつうのすごろくと違って、目的地にとまるたび、次の目的地があらわれる。
  ゲームが終わるのは、先に決められた回数だけ、それぞれの手番が済んだときだ。
  その回数は、いつになったらやめようか、という意味で
  ゲームが始まる前に決められている。
  それは、ゴールが最後にあるすごろくとは違う。

:サイコロは孔だらけだ。
  いつか見たイラストで、ねずみがチーズの孔から入って、
  また別の孔から、ひょこって出てくるのを思い出す。
  どの孔をつかうかが問題だ。
  それはサイコロの一振りできまっている。

:この真っ暗な夜からサイコロを投げると、
  その出た目のところだけが明るくぼんやり光る。
  そうして出た孔をつないでいくように、ふらふらとわたしは進んでいく。
  ただ、終わりまでの手数がわたしたちには決められている。

:ただいま

:おかえり

:ちょうどいいのなかった

-----

 什器が倒れた方向の壁には写真がかけられている。600mm四方の正方形で、薄暗いこのインスタレーションのなかで唯一、白いライトで照らされている。一見それは、70年代の写真家Diane Arbusの双子の写真のような白黒のコンポジションをしているが、よくよく見てみれば、それは絵の具かインクでできた模様を撮影したようである。黒い部分には細かなテクスチャが見え、それは油絵の具かウレタン塗料のように照っている。ともかくそれは、何か人間の身体や服をレンズごしに捉えたのではなく、遠目に人間に見えるような白黒の絵の具だ。双子にあたる左右の図像は、全体の構図の中央からはわずかに右にずれているものの、対称的である。中央下の灰色の絵の具に見られるように、できた図形、絵の具の塊にできる山の形さえも左右で一致しており、それはつまり、左右対称の図像は、たがいに折り合わせてつくられたものだということがわかる。マックス・エルンストや瀧口修造なども用いた、デカルコマニーという技法だ。あるいは、ロールシャッハ・テストで用いられる図像の生成法といってもわかりやすい。そうして作られた図像が、写真として飾られている。

-----
§40 双子

:あのさ

:なに?

:一人っ子じゃんか

:わたし?

:そう

:ん、付き合いはじめのころに言った気がする

:なんかさ、
  ……双子のお姉さんとかいそうだよね。妹とか

:え、(すこし愛らしく笑いながら)なんで?

:うーん わからないけど
  きみに双子のお姉さんがいたとしてさ

:うん(ん?という感じの、相槌)

:きみのことしか知らない人に、
  そのお姉さんの写真を見せると、きみだと思うじゃない
  お姉さんだとは思わないわけだから。

:うん(ぼんやり同意)

:でしょ、僕はいつもそういう感じだよ
  きみと話しているとき、そんな感じ

:あー……(少し間)
  いやーー、わからないような……
  (困ったようにやや笑いつつ)
  その写真を見る人が、わたしの双子の姉がいるって知らないから、わたしだと思うってことね

:そう

間。

:わたしのこと好き?

:好きだよ、愛してる

:彼女は、こんな感じのひとです。
  もうじゅうぶんですよ











*displayed at "A well-lighted watertank"

Photo by Kosuke Nagata